FXと外貨貯金の違い



バイナリーオプション 比較FXは異なる2つの通貨を一組にして、互いに売買をして資産を運用していく金融商品になります。
通貨の組み合わせはFX取引業者により様々ですが、日本円と外貨を売買して交換することも可能であり、もちろんこれで利益を上げることもできます。

同じように通貨を扱った投資取引に「外貨貯金」というものがあります。外貨貯金は円で通貨を買って交換し、貯金を行う仕組みになり、これにより外貨の高い金利を利益として資産を運用していく事を目的としています。

一般的にはFX取引よりも外貨貯金の方が知名度がありますが、その仕組みはとても似て売ます。
FX取引では、通貨を売買することにより、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用した為替差損益を狙って投資も行うことが大きな目的の一つになりますが、これ以外にも、通貨がそれぞれ持つ通貨の金利差である「スワップポイント」を求めた投資方法もあり、これを使えば外貨預金とほぼ同じ用法で資産運用ができるのです。

しかし、外貨預金とFXを比べていくと様々違いがあります。
まずは大きなものとして手数料の違いが挙げられるでしょう。FXでは通貨を互いに売買していくことをメインの目的としており、例えば通貨と通貨の売買を数分単位で売買し、一日に数十回と繰り返して行い、小さな利益を積み上げていく投資スタイルがあります。こうした投資スタイルでは、手数料のコストがそのまま利益を食いつぶす形になるため、手数料の高い取引業者は嫌われることになります。
こうしたことにより、FXではそれぞれの取引業者が顧客獲得のために、取引の際の手数料を極力小さくしていく方向になり、多くの取引業者で手数料は無料となっています。

外貨貯金では、それほど頻繁に通貨を売買することがないため、多くの場合は1ドル当たり1円という非常に高い手数料がとられることになります。
また外貨貯金では、途中解約をすることが難しく、途中解約をするためには先ほどの手数料と場合によっては解約金などが必要になる場合もあります。

例えば、外貨貯金を建てた後に、大きな為替相場の変動があったとしても、外貨貯金では即時に解約をして日本円に戻すことは難しく、例えば1ドル100円の為替レートで、100万円を1万ドルに替えて貯金をしたとします。
この為替レートが1ドル90円になってしまえば、100万円だった1万ドルの価値は90万円にさがり、これを案じて解約をすればさらに手数料などがかかることになるのです。

また、ここで解約をできればまだましかもしれず、そのまま為替レートが変動をし続けてしまえば、さらに資産を失ってしまう事も充分に考えられます。

こうした場合でも、通貨売買に特化したFXであれば、為替レートに変動の兆しが見えた時点で、1万ドルをすぐに売って日本円に戻してしまえば、こうした状況も安全に切り抜けることができるのです。

このようなことから、もし外貨預金を考えているのであれば、FX取引という選択肢を考えてみることもお勧めします。
 


t87687

少し前までFXしていました。スキャルピング中心だったので、主に携帯で休み時間や仕事後などの短い時間にトレードすることが多かったです。

ですが、この場合にお勧めなのは携帯より断然パソコンです。相場と言うのは目まぐるしく変わります。ほんの数秒でガクッと下がることもよくあり、目が離せません(こうした時の対応を設定していれば別ですが…)。

こんなとき、携帯だと咄嗟の対応が遅れることがあります。誤作動や電池切れなどで痛い思いをしたことが何度かありました。FXをするときは環境をしっかり整えてからがお勧めですよ。
 
メニュー