油断がFX取引の失敗を招く



バイナリーオプション 比較FXは通貨を銘柄にして投資取引を行いますが、投資をはじめたころは緊張感もあり、取引きを何とか成功させようと慎重になっているために、利益は小さくても取り引き自体は成功することが多くなります。
しかし、このFX取引に慣れたころ、自らのなんとなくの取引ルールが出来上がり、為替レートの傾向が少しずつ分かるようになり、ある程度の勝率が見えてくるようになるころに、大きな落とし穴にはまることがあります。

投資にある程度の勝ちパターンが見えてくると、人間は油断をするものです。
自信を持って新規注文を立てて、為替レートを待つことが出来るような心の余裕が生まれます。
若干の緊張感を持った余裕であれば問題は無く、むしろ好ましい、投資取引には理想という心理状態になり、冷静沈着でありながらも大きな決断で利益を掴んでいくことが出来るようになります。
しかし、これが進んで慢心になってしまった時、為替レートが思うように読めるような感覚になったり、自身が過剰になりすぎて負けるはずがない、という気持ちになってしまった時に、思わぬ大きな損失を背負ってしまうことが多いのです。

FXで理想とされる取引きにおける心理状態は、常に余裕を持った、冷静で判断を鈍らせない状態で、自分の定めた取引ルールや設定に基づいて、取引きを全うさせることが成功への鍵となります。
しかし、先のような慢心した心理状態になってしまうと、なかなかこのような取引きは行えません。

例えば、自分の定めたルールと設定で新規注文を立てようとして、為替レートの変動を待っているとします。
余裕がある状態であれば、自分の定めた設定価格になるまで新規の注文を立てず、じっと待つことが出来ますが、慢心が出ていると、多少自分のルールに合わなくてもなんとかなるだろうという気持ちが現れてしまい、定めた設定に達していなくても新規注文を立てて取引きを始めてしまうのです。

こうして一度自分のルールを崩してしまうと、ルールよりも自分の感覚を信じるようになってしまいます。

この結果、自分が設定した利益を確定するための数値には足らず、本来は決済を我慢をして大きくなるまで待たなければならないシーンでも、利益が下がることを気にして安易に決済注文をし利益を小さく確定してしまうようになります。

また、自分の取引きに自身が出てくるために、取引きを行う通貨の量を増やしたり、業者から資金を借りてより大きな通貨を取り引きできるレバレッジを不必要に大きな設定で使ったりすることにもなります。

こうなってくると危険度は増していき、通貨を保持して為替レートを待っている間には、当然、損失方向に変動していく場合もあります。
通貨量が増えていたり、レバレッジを大きく使っていると、その損失も大きくなっていく為に、通貨に含み損が発生すると、それを自らのルールや設定どおりに決済して損失を小さく抑えることが出来ず、為替レートが戻る事を期待して待ち続けてしまい、結果、取り返しのつかない大きな損害を被ってしまうことになり、これがFX取引で慢心になってしまった場合に陥る危険という事になるのです。

こうした事を防ぐためにも、自分の定めたルールや設定には必ず従う心理の強さと、損失を極力小さくする「損切り」の考え方を徹底させることが必要になります。
しかしながら、実際の為替レートの変動を目の前にすると、こうした事がなかなか行えなくなるというのも人間の常です。
こういう場合は新規の注文を立てる際に、損切りの注文も一緒に立ててしまう事をお勧めします。あらかじめに為替レートが損失に動いた場合に備えて置けば、心理的に揺らぎが出たとしても、大きな失敗をしなくなるので、こうした備えをしておくことをお勧めします。
 


t87687

少し前までFXしていました。スキャルピング中心だったので、主に携帯で休み時間や仕事後などの短い時間にトレードすることが多かったです。

ですが、この場合にお勧めなのは携帯より断然パソコンです。相場と言うのは目まぐるしく変わります。ほんの数秒でガクッと下がることもよくあり、目が離せません(こうした時の対応を設定していれば別ですが…)。

こんなとき、携帯だと咄嗟の対応が遅れることがあります。誤作動や電池切れなどで痛い思いをしたことが何度かありました。FXをするときは環境をしっかり整えてからがお勧めですよ。
 
メニュー